ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

  • ホーム
  • 新着情報
  • 令和4(2022)年度宮城教育大学教育学部改組に係る入学者選抜方法について(予告)第3報を掲載しました。

令和4(2022)年度宮城教育大学教育学部改組に係る入学者選抜方法について(予告)第3報を掲載しました。

令和4(2022)年度宮城教育大学教育学部改組に係る入学者選抜方法について(予告)

令和3年2月10日第3報

 宮城教育大学は、令和4年度に教育学部の改組を予定しています。
 令和2年8月28日に公表した第1報では、新しい教育研究組織とともに、新たな入学試験制度として総合型選抜を導入することをお知らせしました。
 令和2年12月17日に公表した第2報では、大学入学共通テストの配点及び総合型選抜の試験方法等についてお知らせしました。
 第3報では、総合型選抜及び学校推薦型選抜の変更点についてお知らせします。
 なお、予告内容は、現在文部科学省と協議中ですので、変更する場合があることをお含みおき願います。 


1 総合型選抜
 総合型選抜で入学した者は、卒業要件にあわせて中学校の音楽、美術、保健体育、技術、家庭科のいずれかの教員免許に加え複数の校種または教科の教育も担当できる教員として、卒業することになります。

(1)<一般枠>選抜
 総合型選抜の一般枠選抜では、第2次選考で合格した者に、大学入学共通テストを課します(第2報で公表済み)。一般枠選抜の 最終合格は、大学入学共通テストの基準点を満たすことが要件となります。その基準点は450点以上(総点900点満点)とします。一般枠選抜は、芸術?体育系教育コースでは、個人面接、実技を課し、生活系教育コースでは個人面接を課します。個人面接においては、教員志向性、入学後の学習への意欲を評価します。 

(2)<地域定着枠>選抜
 地域定着枠選抜に志願できる者は、卒業後、宮城県以外の地域において就職することを強く希望することを要件としています。宮城県の高等学校に在学中であるが、本学を卒業した後、他の県で教職につくことを強く希望する場合も対象となります。
 地域定着枠選抜は、一般枠選抜同様、芸術?体育系教育コースでは、個人面接、実技を課し、生活系教育コースでは個人面接を課します。個人面接においては、教員志向性、入学後の学習への意欲に加え、宮城県以外の地域で教職につくことの意義をどのように考えているかを評価します。なお、予告(第2報)でお知らせしたとおり、総合型選抜の地域定着枠選抜では、大学入学共通テストは課しません。


2 学校推薦型選抜
 学校推薦型選抜は、第1報、第2報ともに変更はない旨公表していましたが、宮城県に位置する教員養成大学として、宮城県内で教職につく者を輩出することを目指すため、初等教育専攻に<宮城県内定着枠>選抜を導入します。
 宮城県内定着枠選抜に志願できる者は、卒業後、宮城県内の特定の地域に小学校の教員として就職することを強く希望することを要件とします。この中には、他県の高校に在学中であるが、本学を卒業した後、宮城県内で小学校教員として就職することを強く希望する場合も対象となります。なお、特定の地域については、予告(第4報)でお知らせします。

(1)推薦要件
<宮城県内定着枠>選抜
 ①教員になろうとする強い意志を持つ者であること
 ②高等学校等調査書の全体の学習成績の状況(全体の評定平均値)が4.0以上の卒業見込みの者
 ③本学入学後、意欲的に研鑽に努め得る者であること
 ④合格した場合は、本学への入学が確約できる者であること
 ⑤卒業後は、宮城県内の特定の地域において教職に就くことを強く希望する者であること
<一般枠>選抜
 ①教員になろうとする強い意志を持つ者であること
 ②高等学校等調査書の全体の学習成績の状況(全体の評定平均値)が4.0以上の卒業見込みの者
 ③本学入学後、意欲的に研鑽に努め得る者であること
 ④合格した場合は、本学への入学が確約できる者であること

(2)選抜方法
<宮城県内定着枠>選抜
 初等教育専攻のみで募集します。
 一般枠選抜同様、専攻別課題、集団面接、個人面接を課します。
 専攻別課題では、課題の理解力、内容展開力、思考力、文章表現力を評価します。
 集団面接では、課題の理解力、内容展開力、思考力、協調性を評価します。
 個人面接では、宮城県内の特定の地域で小学校教員になろうとする意志、質問の理解力、自己表現力、具体性、適性を評価します。出願時に提出する学校推薦型選抜レポートを参考資料として利用します。
<一般枠>選抜
 初等教育専攻、特別支援教育専攻で募集します。
 専攻別課題、集団面接、個人面接を課します。
 専攻別課題では、課題の理解力、内容展開力、思考力、文章表現力を評価します。
 集団面接では、課題の理解力、内容展開力、思考力、協調性を評価します。
 個人面接では、教員になろうとする意志、質問の理解力、自己表現力、具体性、適性を評価します。出願時に提出する学校推薦型選抜レポートを参考資料として利用します。


3 その他
 令和4年度の本学部の改組は、現在文部科学省と協議中のため、募集人員が決定していません。決定次第、予告(第4報)として公表しますが、選抜方法を含め詳細は、令和3年7月に公表される入学者選抜要項で必ず確認してください。 

※PDF版はこちら 
先頭へ戻る